ゲーム環境を整える為に必要なものとは?

本記事ではゲーム環境を整える為に必要なものの一覧や必要スペックの紹介しております。

目次

なぜゲーム環境を整える必要があるのか

プレイングスキルでは超えられない壁がある

後述もしますが、PCのスペックに圧倒的な差がある場合は極端ですがスポーツカーに原付で挑むようなものです。いくらプロドライバーが巧みに原付を操った所で素人が乗ったスポーツカーには勝てません。それが環境を整える一つ目の理由になります。

身体を壊す恐れがある

特にゲームの長時間プレイで恐ろしい事は腰痛と肩こりです。両者とも原因は普段の生活の姿勢がほとんどです。一度プレイ中の体勢にも気を付けてみてはいかがでしょうか。

ゲーム環境を整える為に必要もの

  • ゲーミングPC
  • ネット環境
  • ゲーミングマウス
  • モニター
  • ゲーミングチェア・デスク
  • ヘッドセット

中でも重要視するものはゲーミングPCとネット環境です。ゲーミングPCについては後述しますが、ネット環境については通信速度が最低30~100Mbpsは目安になります。プレイするゲームによって適切は断りますが、通常のwebページの表示速度も遅い場合は見直しが必要になります。

ゲーミングPCについて

普通のPCではダメなのか?

ゲームによってはプレイに支障がでない場合がありますが、解像度が高いゲームなどはある程度のスペックを必要とします。

スペックは何を考慮するべきか

掘り下げてしまうとこだわるべき点は数多く存在しますが、「CPU」「GPU」「メモリ」の三点をとりあえず基準に選ぶ事をお勧めします。当然ながらハイスペックなものほど価格も上昇していきます。

ゲーミングチェアよりもオフィスチェア?

流行りのゲーミングチェアってどうなの?

筆者の個人的な見解ではありますが、ゲーミングチェアはあまりお勧めしていません。よくあるゲーミングチェアは車のバケットシートのような形をしているものが多いと思います。ほとんどの売り込みの機能としてフルフラットのリクライニングやオットマンが付いているなどが多いですが、イスで寝るくらいであればしっかりと布団で寝た方が疲労が取れます。

オフィスチェアを推す理由

規定がしっかりしていてある程度の耐久性がある。

国産のオフィス家具にはJOIFAという日本オフィス家具協会が定めた規定をクリアした製品のみ表示できる規格があります。逆にそれが付いていないものは協会からするとオフィス家具ではないということになります。JOIFAの規格をクリアしたイスは通常利用で8年間は使用できると定められています。

人間工学を用いて製作されている

よく言われているのが、「人に合わせて作ったイス」と「人が合わせて座るイス」と例えられます。勿論価格に関しては前者の方が張りますが、プレイ時間が長い場合は価格を使用時間で割って考えると決心が付きやすいです。

オフィスメーカーもゲーミングチェアに参入してきている

eスポーツ業界が年々盛り上がりをます中で、オフィス家具メーカーもゲーミングチェアの事業に参入して来ています。その中で筆者がオススメするチェアを紹介します。

まとめ

いかがだったでしょうか。ゲーム環境が及ぼすプレイへの影響や揃た方が良いものについて紹介させて頂きました。ただこれらを本気で揃えるとなるとかなりの費用が必要になります。自身のゲーム頻度やモチベーションがどれだけあるかをしっかり確認してからの調達をお勧めします。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

プロゲーマーになりたい人を支援ブランディングを行う組織。ゲームに付随した情報を発信はもちろん、攻略サイトの運営も行っています。

目次
閉じる